hiroto-dojo

4スタンス倶楽部ロゴ   reash project
TOP blog newstoiawase
各施術所紹介 スタッフ紹介 一口コラム お客様の声 link おすすめ商品
 
一口コラム
バックナンバー

こちらのコラムでは週替わりで先生方が順番にお話しをしてまいります。
 
施術部 山本裕司

第580回 一口コラム

今回の担当は
施術部 山本裕司です。

令和3年7月21日

 

「おとうさんといっしょ」

以前道場に5歳のお子さんが速く走れるようにとお父さんと親子でパーソナルトレーニングを受けに来られました。

走りが特別遅いわけではなくタイプに即したことをすれば将来よくなると思われて来られたそうです。
年齢からすると、タイプの話より全身が柔らかく使えて伸びしろを作ることが重要だとお伝えし、いくつかエクササイズを行いました。
かなり動けるようになってきたのですが気になることが一つ。お子さんが椅子に座ってられずすぐに横になりたがります。
実は横に立っていたお父さんが胸を張って軸がなく立たれていたためお子さんに伝達しているように見受けられました。まだ子供のうちに正しく立つことや座ることを言葉で理解させるのは難しいので、まずはお父さんに軸をつくる練習をしてもらいました。
その後お父さんの軸を使いお子さんと手を繋いで親子で立ち座りの練習をしてもらいました。
効果はすぐに現れ、お父さんが正しく座るとお子さんも崩れることなく座れ、いい加減に座ると一緒になって崩れてしまいます。
また歩くのも、お父さんに軸をつくって頭の上下動なく歩いてもらうとお子さんは元気よく歩くのに対して、胸を張って軸を意識せずに歩いてもらうとお子さんは蛇行するように歩くようになってしまいました。

軸が他者に与える影響の大きさを改めて感じました。

施術者としても常に立つことや軸で施術に入ることを気を付けなければと思い直すことでした。

“軸が出来ている人と一緒にいると軸が出来る”

お子さんの成長は親の軸の写しかもしれないですね。そして速く走るためにも普段の生活から軸で立てるようになるといいですねということでパーソナルトレーニングは終わりました。


 
2021年 | 2020年 | 2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年以前

予約

原宿

池ノ上

取材その他の問い合わせ

廣戸聡一の『レッシュ理論』については
レッシュプロジェクト

『4スタンス理論』については
4スタンス倶楽部

   
 

本日の廣戸道場 | 新着NEWS | お問い合わせ | 各施術所紹介 | スタッフ紹介 | 一口コラム | お客様の声 | LINK | おすすめ商品

copyright

reash project
444